« 2011年 謹賀新年 | トップページ | 合掌 »

2011年3月19日 (土)

平成23年3月18日

3月18日春の彼岸の入り、11日の北海道、東北、関東にかけて震度7強の地震、その直後の巨大な大津波が東北関東方面に襲い掛かり、特に宮城県を中心に歴史上記録に無いような、ところによっては高さ20メートルを越す大津波が沿岸部の町、集落を壊滅状態にしたうえ、死者数万人、行方不明者数万人、原子力発電所までも機能不全状態になり、東日本全域が放射能汚染に怯えています、わたしの故郷宮城石巻も沿岸部には犠牲者の遺体が累々と並んでいたそうです、わたしの兄弟親族とも一週間過ぎてから全員無事の確認がとれrました、宮城よりもやや軽微なはずだったみどりさんの故郷の茨城でも想像以上の被害で、やはり無事確認までは数日掛かりました、019_2 035 我が家の一人娘のはなこちゃんは二年まえから乳癌になって二度の大手術をしましたがやはり再発しまして、何度かお医者さんに連れて行こうとも思ってこころみたんですが、こっちの動きを感じてか狭いところに隠れて出てこないんですよね、やはりこれ以上痛い思いをするのはいやだったんでしょうかねェー、年齢や体力などを考慮すると三度目の大きな手術を施してからだを切り開くのはあまりにも可愛そうなもので、我が家で静かに見守ってやることにしたんです、それって解ってくれたんでしょうか、それからとゆうものとても穏やかになってのんびりと体を癒すように寝てる時間が長くなりましたが、それから数週間、この大災害にみまわれて、親族の安否確認ができたあくる日の3月18日午前11時45分永眠しました、わたしたちが親族の安否確認ができず夜もろくろく眠れずに心配しているのを解っていたんでしょうか、最後まで安否のわからなかった姉の無事な声を17日の夜に聞いて安心したあくる日の昼に旅立ちました、くしくも彼岸の入りの日でした、いまは眠ってるようにしずかに横になっています、とってもとっても可愛い奴でした。

今回の大災害で犠牲になった方々と、我が家のはなこちゃんに 合掌

|

« 2011年 謹賀新年 | トップページ | 合掌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107305/51156370

この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年3月18日:

« 2011年 謹賀新年 | トップページ | 合掌 »